トップページ まあるい発想 施工実績 よくあるご質問・工事中 企業情報 お問い合わせ
大型型枠工法
 
大型型枠工法1   大型型枠工法2   大型型枠工法3

大型型枠RC工法とは、使い捨てされていたベニアを使用していた在来工法とは違い、繰り返し使用出来る鋼製パネルを用いる為、木材の使用が非常に少なく、森林資源の保護、建設廃棄物の削減ができる為、環境問題を考えた工法です。また、作業効率が上がる為、省力化・スピード化が図れます。
 欧米先進国において、一般的な工法である大型型枠工法は、在来工法と違い、水平部分と垂直部分を分割しそれぞれを順番に組み立てて躯体工事を施工していくもので、水平垂直分離打設工法(HV工法)といわれています。

 
 
 
  各部位の型枠を独立して組立てるため、水平垂直精度の調整が容易に行え、
品質の高いコンクリート構造物を築造できます。
 
  型枠の合理化と多能工での施工により躯体工事全体で生産性の向上コスト削減、
工事短縮をはかれます。
 
  コンクリート打設時の側圧と圧送圧による変形が少なく、平滑な躯体を成形できます。
 
  組立て、打設、脱型までの作業を自然光の状態で行えるため、作業環境の向上
仮設費の低減が可能。
 
  在来型枠のような建設廃材(木材)が発生しないため、環境保全産業廃棄物の削減
つながります。
 
  お問い合わせ   資料請求  
 
小野里工業株式会社 TEL027-231-4211
お問い合わせのページへ
 
サイトマップ   プライバシーポリシー   ページの先頭へ
 
PICK UP CONTENTS
大型型枠工法
大型型枠工法のご案内
コスト削減、環境に優しい高品質の
コンクリート構造物工法。
スカイルーフガーデン
屋上緑化のご案内
暮らしに、潤いとくつろぎの時間。
そして省エネ効果を…。

採用情報
採用情報のご案内
小野里工業と共に歩んでいただける
方を広く募集しております。
株式会社バリューマネジメント
東京エンジニアリングサービス